2018年11月16日(金)~12月6(木)個展開催 “COMMONMODELINGCONSTELLATION”

2018年11月16日(金)~12月6(木)

太田いくえ個展

“COMMONMODELINGCONSTELLATION”

Gallery541

gallery541 第2回目となる企画展

「太田いくえ個展”COMMONMODELINGCONSTELLATION”」を開催いたします。

gallery hour:  11:00~19:00

entrance free

【アーティスト紹介】

武蔵野美術大学映像学科在学中より、精力的に活動を続けている太田の作品は、

日常のふとした風景をグラフィカルに、実験的に映し出します。

一見シンプルかつカラフルな、グラフィックイラストのようにも見える彼女の作品は、

少し足を止めてゆっくりと見て見ると、

複雑に計算された、だまし絵のようなパースの入り組みや

空間を越境するかのような色彩の転換が組み込まれており、

非常に緻密に設計されたものであることが分かります。

見るものの感覚を打ちこわし、再構築するかのような彼女の作品を、

ぜひこの機会にお楽しみください。

https://www.instagram.com/ohtaikue/

【アーティストステイトメント】

「解釈でなぞる甘えと戦って得る無垢、そうあることの土の柔さ。穴のうちで起こる反射を結んだ線は、それとしたことを恥じる。「ゼロ未満の丘を登ると見えるジャングルジムの解体」を偽物の照明で観察し、うぶな時間帯にぽっかりと浮かぶ丸い形態で地平からの距離と空気との境目を計ったつもり。錆びをともなった白い城はリニューアルを擦り切れるほど繰り返す。煙が上がる。

どもりコマを落とし飛来し着地する目の日常のうちに、経験を糊にうまく見えなかった景色を建て直す。ゆるい糊で作り直した模型は、塵の肌理を知り明日には歪んでいるだろう。軸が切り分けられた地点では、それが総意なのかもしれない。」

written by  https://www.fujicodesign.com